重複コンテンツを回避

昨今、グーグルの重複コンテンツが問題になっています

重複コンテンツとは

サイト内に重複する部分が多くあるとサイトが表示されない
検索結果に同じような内容があると1つしか表示しないというものです

例えばニュースサイトなど

いろんなサイトから全く同じニュースを配信しますよね
全く同じコンテンツだったら時には1つのニュースサイトしか表示されない場合もあります

この場合URLの正規化 をするといいみたいなので

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/03/05/5112

↑の記事が非常に参考になるので見ておいてください

またドアウェイページというのも問題になりました

ドアウェイページとはこんな感じです

ドアウェイページ

 

こういうページよくありますよね

前までは問題にならなかったのですが 今は

パンダアップデートという重複コンテンツをはじくアルゴリズムに引っ掛かるとサイトが消えてしまいます

アフィリエイトでも

全国のバイク買い取りサイトを作ろうとか思って

やって

地域名だけ変えて他の部分はほとんど同じものを量産している時期もありましたが

今はもう駄目ですね

特にアフィリエイトで必ず問題になるのは

広告部分です

すべてのページに広告を貼ろうとすると

広告バナー 広告紹介文の部分が同じになってしまいますよね。

すべてのページから売り上げにつなげようと思ったら

やった方がいいと思うのですが 対応策が欲しいものです

そこで多くの人が

広告部分を画像化したら iframe といって

共通部分のソースを

<iframe src=”sample.html” name=”sample” width=”840″ height=”800″ frameborder=”0″ scrolling=”NO” >※</iframe>

みたいにすれば

みためはソースだけがiframeになるので重複コンテンツを回避できます

このサイトで使っています

http://www.mswave.biz/

ソース見て頂くと分かると思いますが

iframe 部分はこのようになっています

http://www.ss.iij4u.or.jp/~images/images/kango/frame/

↑のようなかんじですね

みなさんも参考にしてみてください

また気をつけて欲しいことがあります

スマホサイトの場合です

スマホは対応機種によってはiframe 表示されないものがあるみたいなのです。

みれるのもあるみたいですが

アンドロイド携帯・ドコモのギャラクシーは駄目っぽいです※ iphone はいいみたい
ですので
スマフォの広告部分をiframe から普通のバナーに変更しました。

看護師求人など女性系のサイトを作っている場合は

圧倒的にスマホからのアクセスが多いようなのでやっておきましょう

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

JOEです

このページの先頭へ