SEOを意識したサイトタイトルをつけよう

■タイトルの重要性
検索エンジンで上位に表示されるには、タイトル名が一番重要だと言われています。
また、ユーザーを誘導する上でも大きな役割を持っています。
■キーワードを使用したタイトル作成
外注さんに記事作成を依頼するときに、キーワードをお知らせします。
(「介護福祉士に関するページを作成してください。」など。)
その上で、タイトル作成時の注意すべき点を説明します。

タイトルにキーワードを詰め込みすぎない
タイトルにキーワードを詰め込みすぎると、何のサイトなのか、わかりにくいタイトルになりがちです。
検索して欲しいキーワードは1~2 個でも構わないので、インターネットユーザーがタイトルだけでどのよう
なサイトなのかイメージできるタイトル作成を心がけましょう。

【悪い例】
「介護福祉士 最短 合格 対策 仕事内容」」
【良い例】
「介護福祉士に最短で合格しよう!最も必要な対策と知るべき仕事内容」
タイトルは33 文字以内で作成する
下図は、「介護福祉士」というキーワードをヤフーで検索した結果です。
このとき青で表示されているのが「タイトル」になります。
検索結果に表示される「タイトル」は、33 文字で、33 文字以降は「...」で略されます。
「タイトル」は33 文字以内で、サイトの内容がイメージできるように作成します。

■興味を持たせるタイトルの作成のテクニック
キーワードを入れて、33 文字以内で作ることは説明しました。
それに加え、さらに、「人に興味を持たせるタイトル」を作成するテクニックを紹介します。
必ずしも、「以下のテクニックでタイトルを作成すること」というわけではありませんが、タイトルの作成に
悩んだら、タイトル作成のヒントになると思います。
(「⇒」で示しているのは、テクニックを使ってベストセラーになっている本のタイトルです。)
・対比させた言葉を使う
⇒「頭がいい人、悪い人の話し方」
・読者に「なんで?」と思わせる
⇒さおだけ屋は、なぜ潰れないのか
・象徴とするものをタイトルに使用する
⇒ユダヤ人大富豪の教え
・具体数字を使う
⇒あなたの会社が90 日で儲かる!
・意外性を感じさせる
⇒五体不満足
・「わかりやすい」を打ちだす
⇒経済のニュースが面白いほどわかる本 日本経済編
・読者に「どうして?」と思わせる
⇒日本人のしきたり
・「~方法」とまとめる
⇒自分で奇跡を起こす方法

【実践】
「介護福祉士」「最短」「合格」「対策」「仕事内容」をキーワードとしたタイトルを作成する。
「介護福祉士に最短で合格しよう!最も必要な対策と知るべき仕事内容」に決定する。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

JOEです

このページの先頭へ