これからはスマートフォン対策が絶対に必要です。

最新の調査によれば、
国内のスマートフォン契約数はすでに4800万台を超えています。
そして、2014年度には7000万台を超えると予想されています。

また、2013年の楽天カンファレンスでは三木谷社長が
「2012年末 楽天へのアクセスはPC60%、スマホ27%、タブレット13%だった。
2015年頃にはスマートデバイスからのアクセスが70%を超えるであろう」
と発表しています。

このようなデータからわかるように
スマートフォン市場が今も急速に成長しています。

アフィリエイトや情報ビジネスなどのネットビジネスにおいても
この市場の変化は無視できません。

実際に、スマートフォン対応していない
サイト(ランディングページやセールスページ)の成約率は落ちています。

これは、
コピーライティングといったことが問題ではなくスマートフォンで見た場合、

PC用のサイトでは文字が小さすぎたり、画像が大きすぎたりするため
単純に見難いからです。

どんなに素晴らしいコピー(文章)も
見難ければ成約率が落ちます。

スマートフォンから見る人が増えているという事は、
その分だけ成約率が落ち、結果売上も落ちていきます。

逆に、まだまだスマートフォン対応している
アフィリエイターやネット起業家が少ないので

スマートフォンに対応することで
成約率と収入を一気に上げる事ができます。

ちなみに、スマートフォンに対応するには

別にスマートフォン用のページを作って
自動的に判別し飛ばすようにする。

もしくは、今のサイトをレスポンシブデザイン
(画面の大きさによって最適なレイアウトにする)
でリニューアルするという2つの方法があります。

コピーライティングで成約率を伸ばすよりも
単純で簡単なので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

JOEです

このページの先頭へ