外注募集サイトに掲載してみよう

ではさっそく外注募集サイトに掲載してみましょう

外注サイトにログインして

入力する前に

一度メモ帳などに書くことをまとめておくことをおすすめします

後で修正などがあった場合、メモ帳を修正する形にして

問題なければそれを元にして他の募集案件でも内容を変えれば使いまわせるからです

実際に

高血圧のサイトを作る時に書いた文言をそのまま載せてみますね

ライティングスタッフ募集(高血圧に関する記事)

●業務内容
記事のテーマは
高血圧に関する記事を募集します

高血圧の症状や
高潔圧を下げる方法などを書いていってほしいです
ライティング経験のない人は
今までかいた文章、ブログ等を見せて頂ければと思います。

●報 酬
・最低単価 1記事300 円
文字数400文字~500文字程度
記事の数は50記事程度

増えても構いません。

納期は2週間~3週間ぐらい
早ければ早いほどいいです
・報酬支払日は、月末締めの翌月15 日払いになります。
(郵便局不可。振込み手数料は支払者が負担。)
●応募条件
・Windows 搭載パソコンで、つなぎ放題のインターネット環境があること
・仕事としての認識が高いこと。
・電話がつながり、説明等を受けるコミュニケーションが嫌いでないこと。
・高血圧に関して知識があれば望ましいです
●応募方法
下の事項を記入の上、ご応募ください。
—————————–
<メールのタイトル>:【ライティングスタッフ高血圧に関するに関する記事】氏名
—————————–
<送信内容>
・氏名:
・年齢:
・住所:
・電話番号(携帯):
・メールアドレス:
・趣味、特技、得意なテーマ等:
・skypeなどあればおしえてください。
・高血圧に関して詳しい人歓迎です!
—————————–
・楽してお金儲けしたい方、誠実な対応ができない方、仕事としての意識が低い方はご遠慮くだ
さい。
・登録料など、初期費用等は一切かかりません。
・他サイトからのコピペは原則禁止です

 

↑のような感じです

これが決まりで何が正解というわけではありませんが

ポイントを書いていきますね

まず業務内容
してもらう作業の内容をかきます

高血圧に関して知識があれば望ましいです 高血圧であったらこのような一文をいれるのが

いいですね

また どんなライティングか事前にしりたいので

今までかいた文章、ブログ等を見せて頂ければと思います。

の一文を入れておきましょう (テストライティングの手間を省きます)

 

次に報酬を書きます

ライティングの場合は1記事文字数いくらなどを書きます

 

次の納期を書きます

どのぐらいで仕上げて欲しいかかきます

次に報酬はいつ支払うかかきます

この辺は大事なことなどでしっかり記載しましょう

次に応募条件を書きましょう

求める人物像を書きましょう

メールをもらう時に必要記載事項を指定します

この時に電話番号は必ず書いてもらいましょう

メールアドレスだけだと途中で連絡が取れなくなってしまうケースが多々あります

何かあった時のために必ず電話が繋がる事は大事なことです

また適当な気持ちで応募してくる人をシャットアウトするために

楽してお金儲けしたい方、誠実な対応ができない方、仕事としての意識が低い方はご遠慮ください。
・他サイトからのコピペは原則禁止です

↑のような文言を入れておくといいでしょう

こんな感じで記事などを募集しましょう

他の人がどんな募集をかけているかもとても参考になるので

いい部分はパクってしまいましょう

これからとりあえず @soho に登録してみましょう

ログイン画面

https://www.atsoho.com/account/login.html

atsohologin

からログインします

atsoho02

通常は無料の求人案件管理をクリックしていきます

atsohosimekiri

締め切りを設定します

締め切りは最長1か月に設定できます

atsohonaiyou

メモ帳などに記録しておいた内容をコピペして貼り付けます

atsohogyoumushurui

業務の種類にチェックをします

atsohohituyoujikou

必要事項を入力します

atsohonaiyoukakunin

 

記入したら内容確認を押します

atsohopreview

そしたらいままでかいた内容確認がでるので

この内容で申請で完了です

@sohoは 掲載まで時間がかかるの審査がとおり掲載許可が下りると掲載しました

などのメールがきます

内容に問題があると修正を促すメールがきます

 

以上外注募集までの流れでした

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

JOEです

このページの先頭へ